ディズニー英語はもうやめたという方に

 ディズニー英語はもうやめたという方に

 

店長の坂本です。

バンビーノを始めて今年でもう22年になります。

商売を始めた頃は教材の買取はほとんどお店の店頭で行っていましたが

現在はご自宅まで出張することが多くなりました。

 

本やDVDなどは簡単に送れるのですが、DWEの本棚や家庭保育園のホワイトボードなど

大きな物は梱包が結構大変なので関東(特に神奈川、東京)地区はなるべく

車で取りに行くようにしています。

(親切な地域密着型を目指しています)

 

 

家庭保育園は全体的に使っている方が多いのですが、ディズニーの英語教材に関しては

『高いお金を払ったのにもったいない事をした、失敗した』という方がたくさんいらっしゃいます。

 

『今は仕事などで忙しいお母さんが多いですから皆さんそうですよ。』とか

いつもお伝えするのですが

実際、十分に使いこなしたとか、英語がしゃべれるようになったという方には

20年間ほとんど会ったことがありません。

 

では、2~3年頑張ってディズニーの教材を使って役に立つのかという疑問がわいてきますが

一つとても役にたつことがあります。

幼少期に英語を習うと英語の音、例えばR、Vなどの音がはっきり聞き分けられるようになるそうです。これは帰国子女で英語を忘れてしまった人でも音を聞き分ける能力が残っている人がいることからも本当だろうと思います。

日本人が中学生位から英語をスタートするとこの音の聞きわけがとても、とても難しくて

ほとんどの方には不可能のレベルです。

 

細かい事はさておき、

幼児期に英語の勉強をしても様々な理由からなかなか効果が表れないのは

ディズニーの教材を使った方のほとんどが感じていることだと思います。

でも、英語を嫌いにさえならなければいいとおもいます。

英語耳ができて他の人よりヒアリングの能力が付いているかもしれませんし。

 

幼児期の英語教育をあきらめた方、断念した方にお伝えしたいのは

本格的に勉強をするのは

中学校からでも決して遅くはないということです。

小学生の間は本当は日本語の勉強がとても重要です。

社会に出てから英語を使う職業で活躍できるのは

 

○日本語が完璧で英語ができる人

×日本語が不十分だが英語ができる人

 

と言われています。

 

幼児期に英語を失敗するのは大した問題ではありませんが

日本語を失敗するのはとても大きな問題ということです。

 

英語を習得するのは頭の良さや才能ではありませんし

一度失敗したら二度と手に入らないというような種類のものでも

ありません。

チャンスは何回でもやってきます。

 

チャレンジを忘れないでいただきたいと思います。

 

 

PAGE TOP